바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
2020全北大跳躍ビジョンを提示
Writer Manager Date 2017-07-21 Hit 57
File 민선6기3주년_썸네일.jpg (55 kb)
Content

2020全北大跳躍ビジョンを提示

全羅北道民選6期 3年主要成果

 

 

民選6期の全北道政が3周年を迎えた。

 

 

民選6期の宋河珍(ソン・ハジン)道政の主要成果としては、5大農生命クラスターをアジア・スマート農生命バレーとして育成する事業が大統領の公約に反映され、農業の新しい未来を提示したことがまず挙げられる。

また、全国初の農産物最低価格保障制の導入と1枚のカードで主要観光地やレストラン、宿泊などの恵沢を受けることのできる全北ツアーパスを道内全域に広めたことも目立った成果である。

 

 

 

世界テコンドー選手権大会やFIFA U-20ワールドカップなど国際行事の成功的開催と炭素産業育成法の制定、メガ炭素バレー構築など炭素産業発展基盤も固めた。

これまで遅々として進まなかったセマングム事業の場合、大統領府内の専門担当部署設置と公共主導埋め立てなどを大統領が約束した。

 

 

慢性的な王宮の悪臭問題を画期的に改善し、2年連続で地方投資促進事業分野において全国1位を達成した。

この他にも安全で便利な道路交通網の拡充をはじめとし、道民の健康増進サービスの強化など道民の生命と財産を守り、等しく豊かに暮らす全羅北道を作る施策を積極的に推進中である。

 

 

全羅北道はこれまでに推進してきた核心施策の成果を基に2020大跳躍のための6大分野19個の細部課題を選定・発表した。

6大分野は▲三楽農政基盤の農生命産業で農業の未来を開拓▲国際的水準の観光拠点の育成▲炭素産業を大韓民国の成長動力産業として育成▲セマングム事業などSOC拡充で均衡発展を促進▲暖かくて安全な全北作り▲雇用先づくりと地域経済の活力増進などである。

 

 

全北革新都市を地域成長拠点として作りあげるために年基金・農生命特化金融タウンの造成、年基金専門大学院の設立も推進する。

 

 

宋河珍(ソン・ハジン)道知事は『全北の大跳躍と全北の役割を探す機会が訪れているので、地域発展の大転換期を引き出していく』とし、『相対的な立ち後れと疎外の歴史を踏みしめ、2020年の大跳躍を成し遂げて、未来には全北が主役となっていけるよう万全の準備をしていく』という抱負を明らかにした。

 

 

宋知事は当面、懸案として2023世界ジャンボリー大会を必ず誘致して全北の地位を高めていくと強調した。

 

 

お問い合わせ:全羅北道庁 企画館、電話 +82-063-280-2085

목록