바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道、炭素素材適用分野の多様化への試み
Writer Manager Date 2018-03-12 Hit 158
File 썸네일탄소소재활용의료부문.jpg (18 kb)
Content

全羅北道は、炭素産業の育成と底辺を拡大するために炭素素材適用可能分野として、炭素素材適用分野を多様化する。既存自動車、造船、機械、建設分野はもちろん航空、電気・自律走行自動車、医療機器産業などに拡大する。

   
 
炭素素材の価格問題は、産業が次第に拡大しており、多様な技術開発が進行しているため中長期的に解決されるものと展望し、道では短期的な市場拡大のために、炭素素材が持つ機能的特性が適用されて高付加価値を創出できる様々な特殊製品市場への進出に注力していく計画である。

   

これと関連して全羅北道は今年、国土部で公募する『航空機ウィングレット複合材修理工情技術開発事業』に参加し、航空機複合材部品MRO 『MRO』航空機整備修理(Maintenance,Repair,Operation)から段階的に航空機用複合材部品を直接開発する計画である。

 

電気自動車と自律走行自動車産業の拡大にともなう自動車内蔵用電子部品数の増加予想により、電子部品から発生する電磁波による車両誤作動問題の解決が緊急な状況となっている。

 

 


このような問題解消のために2019年から炭素繊維を活用した電磁波遮蔽産業を集中育成する。


『電磁波遮蔽』は電子機器から発生する電磁波が他の機器に影響を及ぼさないようにする遮断部品である。

  
 また最近、炭素複合素材として急浮上した人体挿入型医療機器市場への進入のために「生体適合性新素材医療機器産業育成事業」を2019年国家事業に反映させ、炭素産業と医療機器産業と融複合を推進していく方針である。 

 

お問い合わせ 炭素産業課 炭素融複合チーム (+82-063-280-2764)

목록