바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
西海岸圏など道内資源世界地質公園の認証を推進
Writer Manager Date 2018-04-16 Hit 53
File 썸네일말곡습곡구조.jpg (6 kb)
Content

 

全羅北道が道内地質名所と関連し、ユネスコ世界地質公園の認証育成を推進する。

 

これに伴い、地質名所3ヶ圏域である全北西海岸圈、鎮安茂朱圏、古群山群島の体系的育成管理によって生態観光活性化と持続可能な地域発展を企てる。

 

ユネスコ世界地質公園の条件は、国家地質公園の認証を先に充足しなければならない。申請基準は国際的地質学的重要場所と景観を含む、地質遺産と地域活用などを考慮して選定する。

 

昨年9月に国家地質公園認証を受けた西海岸圏は、全羅北道が来る6月に世界地質公園候補地申請および環境部認証17ヶ所拡大を計画している。 道は国家地質公園認証を来る7月には鎮安と茂朱圏域を、古群山群島は来年6月に認証候補として申請を控えている。現在、地質公園探訪プログラムを運営し、住民所得商品開発も推進している。

 

 

 

 

 

西海岸圏は彩石江(チェソッカン)などを含む12ヶ所である。この圏域には多様な地質資源が分布した彩石江、生物の多様性と保存価値を持った雲谷湿地(ウンゴクスプチ)と国内最大約8.5kmの海岸を保有した明沙十里(ミョンサシムニ)などを含む。

 

古群山群島は天然記念物第501号の末島(マルド)褶曲構造と約9千万年前、粗面岩で成り立った巫女島(ムニョド)、ジュラ紀前、堆積岩の海望洞(ヘマンドン)南浦層群(ナムポチュングン)などを含む。鎮安茂朱地質公園は馬耳山(マイサン)と白亜紀に鎮安盆地(チナンブンジ)に堆積したギルバート型三角洲など合計10ヶ所である。

 

 

一方、ユネスコ世界地質公園は世界遺産、生物圏保全地域と共にユネスコ3大自然保全プログラムとして、現在35ヶ国127ヶ所が認証を受けた。

 

お問い合わせ 環境緑地局 自然生態課 +82-063-280-4178

 

목록