바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全北ツアーパス、旅行トレンドに合わせて変貌
Writer Manager Date 2019-06-11 Hit 41
File [꾸미기]6-2차패스권사진.jpg (382 kb)
Content

商品の多様化で販売率向上

 

全北ツアーパスを、観光客の旅行トレンドに合わせて変化を試みている。単なる観覧から楽しむ体験へと変化しつつ、全羅北道はこれに沿ったツアーパスを発売した。

 

全北ツアーパスは、体験商品をまとめて新しいパッケージ商品である『体験パス券』を発売した。観覧と体験を同時に楽しむことのできる『体験パス券』は、韓屋村券と韓服体験を合わせた「韓服体験パス券」、京城衣服体験を合わせた「京城衣服パス券」、群山(グンサン)時間旅行券と仙遊(ソンユ)ジップライン体験を合わせた「仙遊スカイラインパス券」が該当する。

 

また、全北ツアーパス無料入場施設を観光施設から祭り会場へと拡大した、『祭りパス券』も発売した。祭りの日程にのみ使用可能で、80ヶ所余りの観光地の無料入場などといったパスの特典を受けることができる。該当の祭りは、全北の有料祭りである全州カメク祭り、益山(イクサン)菊祭り、井邑(チョンウプ)九節草祭り、鎮安(チナン)芝桜祭りである。全北ツアーパスは2019年5月現在、7万9千枚余りの販売量を達成した。

一方、広域地方自治体で最初に導入した全北ツアーパスは、有料観光施設の入場料を負担に感じる観光客たちに少ない金額で見どころを提供し、2017年に12万枚、2018年に18万枚の販売数を達成した。

 

今後、全北ツアーパスの国内外広報のために、英文ツアーパスを製作、販売する予定としている。

 

お問い合わせ:観光総括課 トータル観光チーム +82-063-280-3333

 

 

목록