바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道 山林博物館 秋の紅葉シーズンを迎え特別開館運営
Writer Manager Date 2019-10-25 Hit 48
File [꾸미기]산림박물관.jpg (66 kb)
Content

韓国の紅葉名所として有名な内蔵山(ネジャンサン)に位置する全羅北道山林環境研究所(所長:ヤン・ジョンギ)の山林博物館は、秋の紅葉シーズンを迎え、10月14日から11月17日まで毎週月曜日の休館なしで無料で特別開館する。

 

山林博物館は毎年、紅葉シーズンの特別開館期間中には休館日なしで開館時間延長(当初09:00~17:00⇒ 変更08:00~18:00)を実施する。

 

特別開館期間中、山林博物館の価値増進および広報強化のために世界書芸全北ビエンナーレ所蔵作品の陶磁器および書刻作品33点を特別展示し、野外菊および草花類景観造成など様々な見どころを提供する。

 

年中四季を通じて特別展示の運営および様々な山林教育文化体験プログラムの運営などで博物館のイメージアップおよび観覧客の誘致拡大に努める。

 

一方、全羅北道山林博物館は去る2002年に開館した全北唯一の山林教育文化体験博物館である。前年度、秋の紅葉シーズンの訪問客は合計57,130人、年平均18万人程度の観覧客が着実に訪問している。

 

山林環境研究所 山林資源研究課 山林博物館チーム +82-63-652-6792

韓国の紅葉名所として有名な内蔵山(ネジャンサン)に位置する全羅北道山林環境研究所(所長:ヤン・ジョンギ)の山林博物館は、秋の紅葉シーズンを迎え、10月14日から11月17日まで毎週月曜日の休館なしで無料で特別開館する。

 

山林博物館は毎年、紅葉シーズンの特別開館期間中には休館日なしで開館時間延長(当初09:00~17:00⇒ 変更08:00~18:00)を実施する。

 

特別開館期間中、山林博物館の価値増進および広報強化のために世界書芸全北ビエンナーレ所蔵作品の陶磁器および書刻作品33点を特別展示し、野外菊および草花類景観造成など様々な見どころを提供する。

 

年中四季を通じて特別展示の運営および様々な山林教育文化体験プログラムの運営などで博物館のイメージアップおよび観覧客の誘致拡大に努める。

 

一方、全羅北道山林博物館は去る2002年に開館した全北唯一の山林教育文化体験博物館である。前年度、秋の紅葉シーズンの訪問客は合計57,130人、年平均18万人程度の観覧客が着実に訪問している。

 

山林環境研究所 山林資源研究課 山林博物館チーム +82-63-652-6792

 

목록