바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
「ケグラクチ(カエル)」等 全北方言1万1640個を整理
Writer Manager Date 2018-12-13 Hit 37
File 꾸미기_방언사전-복사본.jpg (117 kb)
Content

来年に方言辞典発刊、学校・公共機関などに配布

 

「ケグラクチ、ケゴリ、ケゴラクチ、ケグレギ、モグリ」とは何でしょうか?いずれもカエルを意味する全羅北道なまりである。

 

全羅北道が実に1万1640個に達する全羅北道なまりを整理し、全北方言辞典を編纂する。

 

韓国方言資料集、地域語調査資料集、標準国語大辞典などに記されている全北の方言を総網羅した。編纂作業は全州大国語文化院に依頼し、2017~2018年の2年間にわたって行われた。

 

南原(ナムォン)を背景にした崔明姫(チェ・ミョンヒ)の「魂の火(ホンブル)」、金堤(キムジェ)を背景にした趙廷来(チョ・ジョンネ)の「アリラン」などといった文学作品も参考にした。

 

それぞれの方言を説明する際には対応標準語とともに主に使われる地域と出処、関連語を記して理解の幅を広げた。方言が書かれている文学作品の文章もそのまま引用して記した。

 

全北方言はやわらかくて激音があまりなく、長く伸ばして抜く音調を有していることが特徴である。

 

標準語が有する10個の母音を完璧に有しており、激音がないため他地域民にも負担なく受け入れられるという分析である。

 

全羅北道はこのように集大成された方言を来年に辞典として発刊し、200ヶ所余りの公共機関と教育機関などに配布し、ホームページにも電子ブック(E-Book)形態で公開する予定となっている。

 

お問い合わせ:文化芸術課長 文化施策チーム +82-063-280-3306

목록