바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道、国際交流の拡大推進
Writer Manager Date 2019-02-12 Hit 37
File 꾸미기_중국난징-한스타일개막식-부지사님-25.jpg (1496 kb)
Content

姉妹友好・MOU締結など国際交流地域として多角化

 

全羅北道が新しい千年を準備するための未来価値先占とグローバル大跳躍のために国際交流を拡大する計画である。

 

道政国際化の先導、交流事業の拡大など長期的次元のグローバル時代を準備し、国際交流および公共外交の強化によって国際化時代における全北の地位を高めるという戦略だ。

 

このために4大分野、11個の課題を選定して重点推進する。

 

一番目に、国際交流の拡大および強化分野として、姉妹友好およびMOU協約を現在の4ヶ国、9地域から2021年までに13ヶ国、20地域に拡大する計画である。

 

交流方向は、①先進国は行政・産業ベンチマーキング ②隣接国は相互主義を基本として文化芸術人的交流 ③新興国は開発協力事業と企業海外進出を摸索 ④後進国は支援事業と奉仕外交などを中心に推進する

 

二番目は、国際政策高度化のための国際協力の民・官・市郡ガバナンス構築である。

三番目、効率的な公務国外旅行のために公務国外旅行手続きを改善する。公務国外旅行審査委員会を月1回開催して定例化する。四番目、道政国際化先導人材の力量強化を推進する。

 

現在の新興国として浮上したベトナムでの事業需要急増に備えて海外事務所を運営したり、KOTRA公務員派遣を検討する計画である。また、未来国際行政需要に備え、「公務員留学・職務研修制度」を導入、国際感覚とグローバル力量を備えた国際化先導人材を養成するという方針である。 お問い合わせ:国際協力課  +82-063-280-2093

목록