바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道、2019秋の旅行週間(9.12~9.29) 観光客の誘致に全力
Writer Manager Date 2019-09-20 Hit 52
File [꾸미기]가을여행주간관광객유치홍보.jpg (540 kb)
Content

全羅北道は『2019秋の旅行週間(9.12~9.29)』を迎え、観光客の誘致に全力を尽くしている。

 

高敞(コチャン)ハグォン農場のソバの花、禅雲山(ソヌンサン)のヒガンバナなど秋の花をテーマとして、『トッケビ(妖怪)ナツズイセン旅行』やコチュジャン(唐辛子味噌)伝統民俗村、発酵土窟や剛泉山(カンチョンサン)などを連係した『大騒ぎ食卓!美味しい淳昌(スンチャン)旅行』で観光客誘致プログラムを運営中であり、全羅北道が育成・支援する「代表祭り」である金堤(キムジェ)地平線祭りや完州ワイルドフード祭り、全羅北道「田舎村の小さな祭り」に選ばれた全州・棲鶴洞(ソハクドン)ギャラリーの道美術祭り、完州・所陽(ソヤン)オソン韓屋村オープンガーデン祭りも開かれる。

 

秋の旅行週間には、これまで文化財保護次元で出入りが禁止されていた宝物第281号の広寒楼(クァンハンル)楼閣を開放する。広寒楼は朝鮮初期である1419年、南原(ナムォン)に島流しされてきた名宰相・黃喜(ファンヒ)が造った木造建物で、1597年丁酉災乱(慶長の乱)の時に燃えたものを1626年に復元した。南原市では同期間に1日2回(11時、14時)、現場事前予約制で1回につき20人ずつ30分間、楼閣に上がることのできる機会を提供する。広寒楼は平壌(ピョンヤン)の浮碧楼(ブビョンヌ)、晋州(チンジュ)の矗石楼(チョクソンヌ)、密陽(ミリャン)の嶺南楼(ヨンナムヌ)とともに韓国4大楼落と呼ばれる。広寒楼600年を迎えて「広寒楼600年」観光客「600万誘致」を掲げ、年末まで公演など様々な行事を行う計画である。

 

また、全羅北道の秋は公演がたくさん催される。2019全州文化財夜行、全北観光ブランド公演「紅島(ホンド)」を楽しむことができ、益山(イクサン)では宝石テーマ観光地の常設公演を週末午後2時、文化芸術の通りでは28日午後4時に公演を行う。

 

お問い合わせ:観光総括課 観光産業チーム +82-63-280-2706

목록