바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道、予算7兆ウォン突破!
Writer Manager Date 2018-12-10 Hit 45
File 꾸미기_포커스.jpg (40 kb)
Content

経済活力、道民の生活の質向上に重点

 

全羅北道の2019年予算が7兆ウォンを超える展望となっている。

全羅北道は今年の予算6兆4,078億より6,476億ウォン(10.1%)増加した7兆554億ウォン規模の来年度予算案を編成し、道議会に提出した。予算案の主な内容は、経済活力のための雇用・産業構造の体質改善と未来成長動力の創出、猛暑・悪臭など住民に密着した道民の生活の質を高めることに重点編成した。

 

未来の食品産業育成のための親環境商用車部品の高度化、造船機資材事業の多角化など産業構造の体質改善に徒費498億ウォンを編成し、国家直接事業203億ウォンを含む合計701億ウォンを投資する。

 

4万人の雇用創出を目標とし、社会的経済企業、村企業、経歴断絶女性など58事業に1,243億ウォンを、青年政策は福祉・雇用・文化・ガバナンスなど分野別ブランド事業を重点推進する方式で145億ウォンを反映した。

 

道政3大核心政策のうち三楽農政農生命産業に1,622億ウォンを、融複合未来新産業に464億ウォンを編成した。旅行体験1番地事業は、テコンドー院コンテンツ製作支援と生態緑色観光資源開発など702億を編成した。

 

この他にも気候や環境変化による猛暑・微細ホコリ、悪臭の苦情などにも道民不便解消対策と住民密着型事業支援の施策を推進し、人中心の安全な全北を作るための福祉網拡充にも重点を置く予定である。この予算案は道議会の審議を経て12月13日に確定する。

 

お問い合わせ:予算課 予算チーム +82-063-280-2120

 

목록