바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
「2017全北訪問の年」本格的に誘致活動に乗り出し
Writer Manager Date 2016-12-19 Hit 122
File 썸네일_전북방문의해.jpg (139 kb)
Content

「2017全北訪問の年」本格的に誘致活動に乗り出し

 

中国・日本・東南アジアなど主要海外市場でマーケティング活動を推進

 

 

「2017全北訪問の年」を迎え、全羅北道が本格的な誘致活動に乗り出した。

 

全羅北道は、2017年に茂朱(ムジュ)WTF世界テコンドー選手権大会とFIFA U-20ワールドカップなど大規模な体育行事を開催する。

 

 

▲中国・湖北省で観光説明会を開催

 

 

全羅北道は12月13日から16日まで中国・湖北省で観光説明会を開催した。湖北省は人口6千万の中国内陸に位置した省で、全羅北道との活発な交流活動がある地域である。

 

 

今回の観光説明会は、湖北省内のテコンドー人口をターゲットにしてテコンドー観光商品を集中広報し、鄭州空港を通じた入国簡素化および連係商品の説明など実質的な成果を誘導できるプログラムで進行された。

 

 

▲香港・タイなど東南アジア市場をターゲットに広報

 

 

タイ観光説明会は、12月19日から23日までバンコクで進行された。テコンドー示範公演、テコンドー協会-旅行会社関係者の懇談会などを行った。

 

 

韓国5大訪問国の中の一つである香港に対しては、12月20日から24日まで観光説明会を行った。全羅北道の祭りや生態・歴史・文化観光資源および茂朱テコンドー院などを広報した。

 

 

▲日本訪韓市場の流れを把握

 

 

ユネスコ世界文化遺産に登載された益山(イクサン)百済歴史遺跡地区は、日本人たちが特に好む観光地である。

 

全羅北道は12月8日から3日間、日本観光庁が主催した第31回韓日観光交流拡大シンポジウムに参加し、韓スタイル観光資源を戦略的に集中広報した。

また、日本・湖南(ホナム)郷友会などの経路を通じて日本修学旅行団の誘致にも力を注いだ。

 

 

お問い合わせ : 全羅北道庁 観光総括課、電話 +82-063-280-3662

목록