바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道、自動車融合技術院
Writer Manager Date 2018-04-03 Hit 86
File 썸네일1701.jpg (822 kb)
Content

全羅北道と(財)自動車融合技術院、(株)ユーロオート*は、中小型SUV車両を適用した険地での走行が可能な6輪(6X6)駆動の特装車を開発および輸出開拓のために「6X6 Australia**」代表を招請して『技術提携および輸出拠点確保』のための業務協約(MOU)を締結した。

 

この業者はオーストラリアのニューサウスウェールズ州に所在した特装車業者であり、4輪および6輪駆動型車両を30年以上開発、製作してきた。

 

 

自動車融合技術院、(株)ユーロオート、「6X6 Australia」社」は業務協約締結を通じて、オーストラリア地域では関連部品を供給し、国内車両に6輪駆動特殊車両の技術開発を通じて中東およびオーストラリア市場などに年間300台を輸出する予定となっている。

 

 

 

全羅北道と自動車融合技術院は、製品開発のための技術支援など輸出市場開拓のための業務協力を担当する。

 

 

今回のバイヤー招請および全北道内の特装車企業と商用車部品企業など6社を訪問、ニーズに合わせた相談を進めて年間50台の輸出を期待している。

 

この程業務協約で年間300台水準の車両輸出を通じて、(株)ユーロオートは約2,000万ドルの売り上げ成果が予想される。オフロード用6輪車両の開発により、セマングム地域の関連産業の拡散と共に全羅北道が特装車産業のメッカとして成長する機会に活用される展望となっている。

 

お問い合わせ:産業振興課 自動車造船チーム +82-063-280-3578

목록