바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
世界的ペットフード企業が全北に
Writer Manager Date 2018-09-21 Hit 54
File 썸네일_DCD1A322-9512-409D-8CD8-95EB79440EFE.jpg (362 kb)
Content

世界的ペットフード(伴侶動物栄養食)企業のロイヤルカナンが全北・金堤に竣工し、アジアのハブ機能を担うであろうと展望されている。

 

10日に金堤地平線産業団地で竣工式を開いたロイヤルカナンは、伴侶動物機能性飼料製造のために獣医師ジャン・カタリーが1968年フランス・モンペリエに設立した。伴侶犬と伴侶猫のための、オーダーメード栄養食プレミアム・ペットフード生産業者で、全世界90余ヶ国に14の工場を置いている。

 

ロイヤルカナン・コリアは去る2014年9月、全羅北道金堤市と投資協約締結後、約800億ウォン以上を投資して今回、金堤工場を竣工した。この金堤工場竣工は、農生命産業を基盤とする全羅北道に関連産業の発展機会を提供、ペットフード原料である米、鶏肉加工産業などと連係発展できると展望している。

 

 

また、金堤から近い益山は、国家食品クラスターが造成されて交通の近接性、原材料供給の容易性、関連産業が連係した際にペットフード産業の最適条件を備えている。

 

 

金堤工場で生産する機能性ペットフードは、生産量80%以上を日本、香港、タイなどの海外に輸出する計画で、追加投資計画を持っており、全羅北道の輸出増大で貿易収支部門に大きく寄与する展望である。

 

 

一方、この業者は全世界獣医師および獣医師専門家グループ、獣医科大学と協業により去る50年間、世界的ペットケア・ニュートリション企業として成長することができた。

 

 

お問い合わせ:投資誘致課 外資誘致チーム +82-063-280-4593

목록