바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
生態観光を先導する全羅北道
Writer Manager Date 2018-10-27 Hit 29
File 꾸미기_메인고창.jpg (538 kb)
Content

全羅北道は、民選7期ヒーリング生態観光を積極的に育成する。去る2015年から生態資源を活用した生態観光政策を重点的に推進している。

 

政策の一環として、20日に井邑・内蔵山(チョンウプ・ネジャンサン)生態公園の一帯で「2018全羅北道生態観光祭り」を開催した。

 

祭りは今年1月、国家生態観光地域に指定された井邑ウォリョン湿地とソルティスプで進行された。探訪体験プログラム生態トレッキングは大きな呼応を得て、内蔵山国立公園で主管する親環境生態観光および環境団体体験ブースなども運営し、道民たちに治癒の機会を提供した。

 

特に全羅北道は生態観光先導のためにエコマネジャーを育成している。 道内生態観光地の村住民を中心に教育を実施、探訪プログラムを直接発掘運営することができるように推進している。

 

観光地別専門家と協業し、資源調査および住民教育を通じて2ヶ所ずつ合計24個を発掘して下半期プログラムとして進行している。

 

プログラムは自然の音を体験と結合したサウンドスケープ、地域の生物を直接捜し出すエコテーリングなど生態観光地ならではの魅力を現場で体験することができる。

 

 

お問い合わせ:自然生態課 生態観光チーム +82-063-280-4176

 

목록