바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道「セマングム再生エネルギービジョン宣布式」開催
Writer Manager Date 2018-11-16 Hit 23
File 꾸미기_메인-181030-새만금재생에너지비전선포식-업무협약체결19.jpg (770 kb)
Content

セマングムに世界的規模の超大型再生エネルギークラスターが造成される。

全羅北道とセマングム開発庁は先月30日、群山遊水池水上太陽光発電所で「セマングム再生エネルギービジョン宣布式」を行い、再生エネルギー事業計画を発表した。

 

 

この日の宣言式には文在寅(ムン・ジェイン)大統領と成允模(ソン・ユンモ)産業通商部長官、金賢美(キム・ヒョンミ)国土部長官、地域国会議員、群山・金堤・扶安の団体長、地域住民など400人余りが参加した。

 

 

この場で全羅北道の宋河珍(ソン・ハジン)道知事は、セマングムを世界最高の再生エネルギークラスターとして造成し、新再生エネルギー産業を先行獲得して先導していくビジョンを発表した。

 

 

まずセマングムの内側に2022年までに3GW級太陽光発電団地を造成し、群山近隣海域には2026年までに1GW級海上風力発電団地を造成する。 事業費は政府予算5,690億ウォンと民間資本10兆ウォンが投資される。

 

 

全羅北道は水上太陽光と海上風力製造産業団地も建設し、物流供給のための海上風力背後港湾構築、製造企業誘致などを推進する計画となっている。

 

 

国家総合実証研究団地、海上風力核心部品性能評価センター、融合試験認証評価センター、人材養成センターなど再生エネルギーに関連した研究インフラも構築する。

 

 

特に技術事業化や人材養成を支援し、セマングムが再生エネルギーの革新拠点としての役割を遂行できるようにクラスターを作る計画である。

セマングム開発庁も大規模再生エネルギー発展団地を通じてセマングム内部開発を促進し、地域経済を活性化する方案を提示した。セマングム開発庁はセマングム開発連係、送・変電系統の構築、投資誘致促進、地域住民参加などさまざまな方式で太陽光発電事業を進める。

 

 

宋河珍(ソン・ハジン)知事は『新再生エネルギークラスターが造成されれば10年間で関連企業100個の誘致と良質な働き口10万個が創出され、地方税が増えるなど合計25兆ウォンの経済誘発効果が期待される』と話した。

 

お問い合わせ: 全羅北道 産業振興課 +82-063-280-2790

목록