바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
セマングム国際空港建設が確定
Writer Manager Date 2019-02-01 Hit 71
File 꾸미기_국제공항조감도1.jpg (94 kb)
Content

「商用車革新成長および未来型産業生態系構築事業」も含む

全羅北道民の50年宿願事業であるセマングム国際空港建設が確定した。

大統領直属均衡発展委員会は29日、セマングム国際空港建設を含んだ国家均衡発展基盤構築事業を公式発表した。

 

全羅北道が1順位で申し込んだセマングム国際空港は、予備妥当性調査免除が確定して閣僚会議で議決された。これはセマングム国際空港建設の行政手続き期間が画期的に短縮したという意味であり、今後セマングム環黄海圏物流拠点成長基盤構築が可能となった。

 

セマングム国際空港建設により、セマングム名品都市早期開発の牽引や雇用の創出、農生命食品産業や金融産業などといった主力核心事業および未来型産業にも有形・無形のシナジー効果が期待されている。

 

全北研究員が分析した資料によると、空港建設により全北地域だけで約1兆5,433億ウォンの付加価値と8,483人の雇用誘発効果が予測された。空港-港湾-鉄道など「トライポート」物流体系が備えられ、東北アジア物流中心地競争で優位を先行獲得すると展望された。

 

セマングム国際空港は国土部が来る6月完了を目標に進めている事前妥当性サービスを通じて、空港の位置、施設の規模、事業費、事業期間などが具体化される予定となっている。大型国際行事である「2023世界ジャンボリー」に合わせて空港使用が可能となるであろうという展望も出てくる。

 

一方、全羅北道はこの日、事業費1,930億ウォンが投資される「商用車産業革新成長および未来型産業生態系構築事業」も予備妥当性免除事業に確定し、自動車産業構図高度化の軸を備えることとなった。

 

お問い合わせ:空港河川課長 空港鉄道チーム +82-063-280-3428

목록