바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道の国際交流が多角化
Writer Manager Date 2019-05-15 Hit 5
File [꾸미기]국제교류센터-라오스루앙프라방노동사회복지청업무협약.jpg (243 kb)
Content

中国・重慶市交流に続き

全北国際交流センター、「ラオス」との交流を本格始動

 

全羅北道は、帥遜(シューアイ・スン)を団長とした中国・重慶市教育委員会と10校の大学関係者たちが、両地域の学生交流活性化のために5月9日から11日まで全北を訪問した。

 

訪問団は5月10日、全北道庁および全羅北道議会訪問、全羅北道教育庁との業務協約を締結し、全北大を含む道内の7大学との大学間交流会を持ち、学生交流の活性化に対する意見を交換した。

 

これと共に、全羅北道国際交流センター(センター長:イ・ヨンホ)は去る5月10日、ラオス・ルアンパバーン労働社会福祉庁と相互交流のための業務協約を締結した。

 

韓国語教育の活性化と持続的な交流のための締結により、全羅北道国際交流センターは、ラオス労働社会福祉庁と韓国語教育事業を推進する。

 

センターが選定したラオス・ルアンパバーン現地住民200人余りが参加する「韓国の日」行事を開催し、扇の舞、伽倻琴(カヤグム)演奏などの公演や韓紙ゴム靴作り、韓服体験、K-Popメイクアップなど様々な文化体験を運営し、韓国の美や趣きを伝えた。協約にしたがい、ラオス人材支援および相互文化・芸術交流を通じて、全羅北道のイメージ向上とラオス観光客の全羅北道への流入を活性化させることができるであろうと展望している。

お問い合わせ:

重慶交流自治行政課 人材養成チーム +82-063-280-2936

全羅北道国際交流センター 国際振興チーム +82-063-280-6116

목록