바로가기 메뉴
Content 바로가기

コミュニティ

全羅北道ニュース

Home > コミュニティ > 全羅北道ニュース

게시판 뷰
全羅北道が海洋レジャースポーツのメッカとして跳躍
Writer Manager Date 2019-06-21 Hit 39
File [꾸미기][꾸미기]사본-요트대회4.jpg (32 kb)
Content

全羅北道「海洋レジャー観光1番地」として浮上させようと、海洋水上レジャースポーツ造成事業を育成・推進する

 

これに伴い、海岸型1ヶ所、内陸型1ヶ所のレジャー団地を造成して基盤を構築し、海岸地域ではセマングム、古群山群島、辺山(ビョンサン)半島を連係した国際大会を開催する。内陸地域では、海洋レジャースポーツ体験を通じた地域経済活性化を試みる。

 

四季を通じて利用可能な広域海洋レジャー体験複合団地など、レジャー団地の造成によってインフラを構築する。群山に海洋レジャー体験センター、キャンプ場、マリーナ施設などを備えた広域海洋レジャー体験複合団地の造成事業を推進中である。また、内陸圈海洋水上レジャーの観光拠点造成のために九耳(クイ)水上レジャー団地の造成事業を推進している。これまでに、全羅北道はカヌー訓練院と群山飛鷹港(グンサン・ビウンハン)セマングム海洋レジャースポーツセンター竣工など海洋レジャースポーツ活性化のための基盤施設インフラ構築を先駆けている。

 

この他に海洋水上レジャースポーツの生活化のための海洋水上レジャー体験、教育の多様化および国内・外大会も推進する。韓国海洋少年団全北連盟(群山飛鷹島)、蟾津江(ソンジンガン)水上レジャー連盟(淳昌)および全北ヨット協会(扶安)で、カヌー、ラフティング、ヨット、生存水泳など一般人、青少年を対象とした体験および理論教育を7~9月に集中的に実施する予定。

 

第5回セマングムカップ国際ヨット大会を6月27日から30日まで開催する中で水上スキーおよびウェイクボードを紹介し、体験できる全羅北道知事杯水上スキー・ケーブルウェイクボード大会も9月中に開催予定となっている。第15回全国海洋スポーツ祭典では仙遊島(ソンユド)、飛鷹港(ビウンハン)、銀波(ウンパ)湖水公園一帯で正式種目、番外種目、体験種目、特別行事を開催する。全羅北道の海洋レジャー産業の底辺拡大とともに海洋レジャースポーツのメッカとして浮上する契機になるであろうと期待している。

 

海洋水産政策課 海洋レジャー観光チーム +82-063-280-4712

목록