바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道の紹介

14ヶ所の市郡紹介

Home > 全羅北道の紹介 > 全羅北道庁 > 14ヶ所の市郡紹介

全州市

全羅北道の中心地に位置する全州は、味と趣の故郷として知られています。 西海岸と東海岸を横切る蘆嶺山脈が連なる全羅北道の中心地である全州では数千年の間、豊富な農水産物と山の資源を利用した製品 の供給地として名を広めていました。
また全州は、南西地方の行政、軍事、運送、商業、文化的な中心地でもあります。 後百済の首都であり、朝鮮王朝の出生地でもある全州は、古代都市の魅惑的な趣があり、歴史的な遺物や数多くの名所に出会うことができる場所です。

群山市(グンサンシ)

群山市の港は1899年に開港され、新世紀を迎えて群山市は新しい港へと一新されることにより、西海岸の貿易と商業の中心地として浮上しています。
群山市は中国から最も近い距離に位置しているという利点があり、あらゆる方向に伸びた交通ネットワークのハブとして開発の優れた水準により、21世紀の主要な産業発達プロジェクトを通じ、商業都市として発展できる競争優位に立っています。これらのプロジェクトは、自由貿易地帯の造成、大群山地域(群山と長項)の開発、新港および新道路の建設などといったものです。

益山市

益山市

Homepage URL
http://www.iksan.go.kr
北部地域に位置する益山は、全国とつながる交通の中心地で、錦江と萬頃江が流れる広大な地域です。 都市部と在郷が共に栄える都市、益山は、21世紀の観光地としての野望を持ち、着実に発展しています。

井邑市

「井戸の村」という意を持つ井邑は、内蔵山、古詩 「井邑詞」や、19世紀後半に起きた甲午農民戦争(東学党の乱)で有名な場所で、古代から井邑の肥沃な土地は農業を支え続ける活発で盛大な芸術文化の故郷です。
秋の内蔵山は、人の想像をはるかに越える紅葉のパノラマを見せ、山全体が赤い色に変わって「赤い山、赤い水、赤い人」という言葉を連想させます。特に井邑詞文化祭りが開かれる頃の、内蔵山の紅葉の美しさは有名です。

南原市(ナムォンシ)

南原市の地理的な利点により、南原市は古代時代から文化的、経済的、政治的な中心地となって、味わいや趣き、音(ソリ)が調和した豊富な文化の花を咲かせました。
足を運ぶ所ごとに見かける美しい智異山(チリサン)の風景や歴史遺跡地など見どころ満載な場所。
四季の祭り、春香(チュニャン)・フンブの物語、パンソリなど豊富な楽しみがあり、いつどこを訪れても楽しい場所。
南原は愛と活力にあふれた場所です。

金堤市(キムジェシ)

金堤市

Homepage URL
http://www.gimje.go.kr
金堤市は韓国で唯一地平線を見ることのできる場所で、東西30Km、南北60Kmの広大な面積を誇ります。全羅北道の1/3を占めており、ソウル市の面積の3倍に達する国内最大の穀倉地帯です。『東国輿地勝覧』では金堤一帯の平野を大坪(デピョン)、俗称「金堤萬頃平野(キムジェ・マンギョンピョンヤ)」と表現しており、これは「広くて大きな野原」を意味しています。湖南(ホナム)平野の中でも金堤萬頃の野原はとりわけスッキリと広々と開けており、韓国で唯一広々とした平野と空が手を握った地平線という自然の感動的な正格を見ることのできる場所が「金堤」であるといい、「地平線の本場」と命名されました。金堤市を訪れると、あなたの最も高い期待さえも超越するほどの、新しい喜びと永遠の思い出を運んできてくれることでしょう。

完州郡(ワンジュグン)

完州市

Homepage URL
http://www.wanju.go.kr
完州は地理的に全羅北道の中心に位置しており、全州市を囲んでいて東側は鎮安郡(チナングン)、西側は金堤市(キムジェシ)、南側は任実郡(イムシルグン)と井邑市(チョンウプシ)、北側は益山市(イクサンシ)と忠南(チュンナム)論山市(ノンサンシ)、錦山郡(クムサングン)と境界を成しています。首都圏に2時間台で進入が可能で、5つの高速道路の路線が経由する交通物流の要衝地でもあります。
また、完州はローカルフード1番地として、安定した所得創出および安全な食物の提供によって生産者と消費者の信頼関係を形成して地域経済の発展を導いており、炭素産業、自動車・機械、部品素材産業など先端産業を牽引する全北経済の中心地でもあります。

完州郡は大屯山(テドゥンサン)、母岳山(モアクサン)など秀麗な自然風景と松広寺(ソングァンサ)、花巖寺(ファアムサ)など歴史文化的遺跡はもちろん各種農村マウル体験、上関扁柏スプ(サングァンピョンベクスプ:ヒノキの森)、参礼文化芸術村(サムレムナイェスルチョン)などヒーリング観光が組み合わさった様々な体験で、ダイナミックな1日を送ることができる場所です。特に完州の代表祭りであるワイルドフード祭りは、清浄完州の新鮮なローカルフードと住民たちの努力が創り出した祭りであり、地域住民が直接準備した様々な見どころや体験の場、そして差別化されたグルメが特徴です。

鎮安郡

鎮安郡

Homepage URL
http://www.jinan.go.kr
神聖な山、そして南西地方の中心として知られる神秘的な馬耳山は、錦江と蟾津江の分水嶺で、山の麓では温かい心を持った人々が穀倉地帯をつくりあげています。 標高の高い土地は、鎮安の特産物である高麗人参、ツルニンジン、シイタケ、黒豚、唐辛子などを栽培するのに最適です。

茂朱郡(ムジュグン)

茂朱郡

Homepage URL
http://www.muju.go.kr
茂朱郡は、澄んだ水と空気、そして鬱蒼とした森で成された清浄地帯です。ここでは自然が悠久の歴史、活気に満ちた現代文化などと共存しています。茂朱郡は全国で最大のレジャータウン「茂朱徳裕山(トギュサン)リゾート」と、息が止まるような風景の美しい徳裕山などを誇っており、夏の休暇なみにスキー場としても有名な年中観光地です。

長水郡

海抜500mに位置する標高の高い長水郡は、南西地方の要塞であり、全国8の主要峰に属する八公山と長安山のような1000m以上の険しい峰が四方にあります。 豊かな山々が、徳山バレー、放花洞ファミリーリゾート、そして臥龍ウッドランドなどを囲んでおり、きれいな水が一年中流れています。

任実郡

任実郡

Homepage URL
http://www.imsil.go.kr
不死神と妖精が四仙台の絶壁で美しい景色を楽しんだという伝説のある任実には、澄んだ水が水晶のように輝く玉井湖と、山、川、大きなイチゴなどがあるだけでなく、空気がきれいで人々の気立てが優しく、過ごしやすい土地です。また、赤い唐辛子、梨、桃の主要生産地でもある任実は、秋の文化祭り、義犬(忠犬)祭り、筆峰農楽祭りなど、独特の文化芸術のある暮らしを保存しています。

淳昌郡

辛いコチュジャンで有名な淳昌郡は、南西地方の中心地に位置し、、数世紀にわたり数多くの有名な学者や賢人たちを輩出してきました。 淳昌は、南西地方のダイヤモンド山と広く言われた剛泉山と、南北が理想的に向かい合う地域の回文山、蟾津江のきれいで澄んだ水など、素晴らしい自然的特徴があります。

高敞郡(コチャングン)

文化の21世紀時代に備え、高敞郡は文化、観光産業を構築するための差別化された戦略に集中しています。高敞郡はユネスコの世界文化遺産に登載された数多くの支石墓(コインドル)群集を中心に観光地帯を作っています。
高敞邑城(コチャンウプソン)は、朝鮮端宗元年(1453年)に外侵を防ぐために全羅道民たちが、備えあれば憂いなしの知恵で築城した自然石城郭です。別名を牟陽城(モヤンソン)とも言うこの城は、羅州鎭管(ナジュジングァン)の笠巖山城(イブアムサンソン)と関連して湖南内陸を防御する前哨基地として国難護国のための国防関連文化財として保存されており、1976年から昔の姿どおりの復元事業が進行中です。

扶安郡

扶安郡

Homepage URL
http://www.buan.go.kr
扶安群には優れた自然景観を誇る辺山半島国立公園を含め、多くの韓国の宝があります。韓国の10大自然不可思議の一つである辺山は、かつて楞伽(りょうが)山、瀛州(えいしゅう)山、蓬莱(ほうらい)山などと呼ばれ、やがて辺山という名前になりました。
また、山、海、肥沃な平野などが美しい調和をなす扶安は、600年前高麗時代のきらびやかな文化の中心地であり、有名な高麗青磁の生産地でもありました。