바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道の紹介

主なシンボル

Home > 全羅北道の紹介 > 全羅北道庁 > 主なシンボル

全羅北道の統合ブランド

全羅北道の統合ブランド

「Jeonbuk」のイニシャル「J」を形象化し、固有の歴史と伝統を保存しながら未来に向かって力強く雄飛する様子を表現することによって、躍動的で進取的な全羅北道の姿をシンボル化しました。

下部の赤色は全羅北道固有の伝統文化を、黄色は全羅北道の味を象徴し、上部はこれを土台に発展する未来を表現したもので、青色は先端新産業を意味し、全羅北道の環境に優しいグリーン産業の前進基地となるセマングムは緑色で表現しました。

道の花

道花

百日紅(サルスベリ)
サルスベリ - 絶え間なく花を咲かせ、日照りにも強く耐え抜く姿が、忍耐強く根気のある道民たちの気性を象徴しています

道の鳥

道鳥

カササギ
カササギ - 韓国では「朝にカササギが鳴くと良い知らせがある」ということわざがあるように縁起の良い鳥とされ、全羅北道に良いことがたくさん訪れるよう願いを込めて制定されました。

道の木

道木

イチョウ
イチョウ - 数百年生きる木で、全羅北道の果てしない発展を象徴しています。