바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道の観光

文化

Home > 全羅北道の観光 > 文化

文化
全羅北道は文化です

過去と現在が疏通して熟成した伝統と芸術は 韓流文化を作り出す豊かな根源です
韓流文化中心地の全羅北道は韓屋と韓紙、韓服と韓食、パンソリなど伝統生活文化の中心地であると同時に、カトリック・円仏教・東学など精神文化の拠点である。民族の恨みと哀歓を表現するパンソリと農楽、豊かな農耕生活を基に作られた味の文化など、性急でない気性と淳厚な人心が芸郷を作り、私たちの精神と魂が宿っているこの地の伝統文化は民族アイデンティティの表象であると同時に自負心の源泉に定着した。
韓民族の文化が「韓流」、「K-POP」などと呼ばれて世界的に脚光を浴び、全羅北道の文化も世界に伝播して世界が認める文化遺産になっている。

伝統の息吹が染み込んでいるスローシティ 全州韓屋村

意気込んで出発した旅行でも何も考えずに出発した旅行でも、多くの人々は全州の日ざしを思い浮かべる。全州韓屋村は年間5百万人が訪れる全羅北道の代表文化コンテンツになったからだ。全州が芸郷の象徴のように作ってきた全州韓屋村は、校洞と豊南洞一帯にある。韓国の観光を輝かせた「韓国観光の星」と国内外の観光客が必ず行ってみたい韓国観光の「最高の名所」に選定され、国際スローシティに指定された。
全州韓屋村は太祖李成桂の御真影を祭った慶基殿と彼の痕跡を見ることができる梧木台・梨木台、全州郷校とその付属建物で儒生たちを教育した養士齋、小説「ホンブル」の作家崔明姬の人生と文学世界を見ることができる崔明姬文学院など、文化遺跡や施設が人々と共に暮らしている。