바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道の観光

祭り

Home > 全羅北道の観光 > 祭り

祭り
全羅北道は祭りです

真の韓国の趣とゆとりを満喫することができるこの時間は
一生胸に残るときめきへの招待です

全羅北道の祭りは生活と文化の行為が調和し、アイデンティティと固有性が生きているとても特別な祭りだ。祭りに欠かせない歌と踊りは燦爛たる文化を見せた馬韓と百済の後裔であるこの地の人々が誇る最高の腕前だ。
祭りは14市・郡で日を合わせて開かれ、人々はいつでも寄り集まってくる。ぱっと咲いた花のように明るい笑顔があふれる全羅北道の祭りは全羅北道を理解する最も早い方法だ。

ソリで通じる世界人の宴 全州世界ソリ祭り

全州世界ソリ祭り

世界無形文化遺産であるパンソリに基礎を置いた全州世界ソリ祭りは、私たちの音楽を世界に知らせ、ソリを媒介に世界の多様な音楽遺産と幅広く交流しながら、全羅北道を世界の文化芸術の中心に発展させるために始まった高品格世界音楽芸術祭だ。
全州世界ソリ祭りは2012年と2013年、イギリスの著名なワールドミュージック専門誌ソングラインズが選定した「国際フェスティバルベスト25」に選定され、全羅北道と大韓民国を越えて世界の祭りに定着した。

世の中を変える発酵の世界に浸る 全州国際発酵食品エキスポ

全州国際発酵食品エキスポ

全州国際発酵食品エキスポは、発酵をテーマとして開かれる世界唯一の展示会であり、民族固有の暮らしと文化が取り入れられた全世界の発酵文化遺産の幅広い疎通と交流の広場です。
全州国際醗酵食品エキスポは未来、生命、科学の代名詞である発酵の未来価値の広報、優秀発酵食品の発掘など発酵コンテンツを活用した食品や商品の展示を通じて、発酵食品産業の成長を促進する産業エキスポです。
2003年から始まったこの行事を通じて、発酵食品に対する積極的な関心を呼び起こしており、ビジネスの場を開きました。また国際発酵カンファレンスを開催し、発酵産業の情報交流を促進しました。
これを通じて健康な人生を追求し、長寿食品としての優秀性を全世界に広く伝え、発酵の立体的展示、体験プログラム等を通じた教育機能の遂行および統合マーケティング、グローバルネットワークをベースとして、発酵文化の拡散および産業の活性化に寄与しようとしています。

躍動的な文字の饗宴 世界書芸全羅北道ビエンナーレ

世界書芸全羅北道ビエンナーレ

1997年、書芸の大衆化と世界化を志向しながら始まり、17年間墨客たちを誘惑してきた世界書芸全羅北道ビエンナーレを通じて、東アジア漢字文化圏の文化の精髄だった書芸は世界が注目する芸術になった。書芸の無限の変化がここにある。

生き生きとした農業文化体験, 金堤(キムジェ)地平線祭り

金堤(キムジェ)地平線祭り

金堤地平線祭りは、8年連続で最優秀文化観光祭りに続いて大韓民国代表祭りに選ばれ、東洋最大の水利施設である碧骨堤(ピョッコルチェ)と韓国最大の平野である金堤平野を背景に繰り広げられます。広い平野の中で探し求めようとする農村の郷愁をテーマとした地平線、手で掴むことのできない無形の象徴ではあるけれど、土地の大切さ、環境、幼い頃の郷愁など多様な韓国的イメージを創り出しながら、観光客の無限の夢と希望を持たしてくれます。特に差別化された農耕文化体験コンテンツを開発し、観光客の五感を満足させる祭りとして好評を博しています。稲の収穫、間食、バッタ捕り、たいまつパレードなどのプログラムを通じて農耕文化に対する思い出や郷愁を呼び覚まし、子供たちには伝統文化体験の機会を提供しています。

ホタルの光に輝く美しい夜空, 茂朱(ムジュ)ホタル祭り

茂朱蛍祭り

茂朱のホタル祭りは、韓国の古典的な環境祭りです。祭りのテーマとなっているこのホタルは、韓国の天然記念物第322号に指定され、人々が茂朱の清浄自然環境を背景に環境と文化の大切さを尊重するための助力となりました。また、この祭りは愛を求める未婚者たちのための祭りなのですが、なぜかというと、ホタルの身振りが求愛を表すと伝えられているためです。この祭りは丸太、泥、牛木の枝などで作られたソプタリ(臨時の橋)にて開催され、伝統婚礼・伝統農楽(農夫たちの音楽)・喪輿行列などといった公演を行います。CNN GOは、茂朱に関するプログラムを特集で扱い、この祭りを韓国の最も美しい行事の中の1つであるといい、『毎年8月末から9月初めに予定されている茂朱ホタル祭りの一環であるソプタリ祭りで、昔の伝統に注目してください。』と主張しました。

土鍋より醤の味 淳昌醤類祭り

淳昌醤類祭り

朝鮮時代、宮中の進上品で有名な淳昌コチュジャンをはじめ、醤類をメインテーマとして伝統の味と趣を演出する。異色淳昌コチュジャン作りとコチュジャンビビンバ作り、味噌玉麹作りなどプログラムが多様だ。ハイライトは淳昌コチュジャン王様進上行列と淳昌伝統コチュジャン料理コンテストだ。第1回大韓民国祭りコンテンツ大賞で祭り経済分野大賞も受賞した。

全州、世界映画に全身全霊を傾ける - 全州国際映画祭

自由・独立・疎通を前面に出した全州国際映画祭は、映画美学や映像技術の面で主流映画と異なる破格的かつ代案的な流れを求め、デジタルなどの新概念の積極的な発掘と幅広い支持のために始まった映画祭だ。
部分競争を取り入れた非競争映画祭である全州国際映画祭は、新人監督から巨匠監督の映画まであらゆる映画が紹介される。2000年の第1回映画祭以降、独立映画・芸術映画・実験映画などを通じて観客と新しい疎通の場を設け、年々世界映画人たちの大きな反応を得ている。

緑の地上の楽園、高敞青麦畑祭り

華やかな桜がいたる所で満開になる時、麦畑脇道歩きで有名な高敞孔音面ハグォン観光農園の青麦畑に100万㎡の緑の絨毯が敷かれる。目と心までときめかせる青い麦畑で春の躍動感と趣を感じながら、多様な公演と体験行事を満喫することができる。

健康的な自然食膳、完州ワイルドフード祭り

完州で育った新鮮な農産物を前面に出したおいしい食膳が「ローカル祭り」で一ヶ所に集結した。プドン村の昔のおにぎりとカボチャ粥、トクアム村の五色スジェビと豚ジャガイモチヂミ、チョンアム村の五色ムクとタンポポなどが「ワイルド」な食べ物の一例だ。

全州韓紙のハンバタンオウルリム全州韓紙文化祭

そのほのかな光とその光を通じて感じられる香りが全州いっぱいに広がる。国内外の有名デザイナーが参加する全州韓紙国際ファッションショーはすでにものすごい人気だ。韓紙すくい、韓紙灯・韓紙腕輪、韓紙紙縄網引きなど韓紙を前面に出したプログラムが異彩だ。

韓国を代表する世界の愛の祭り

春香(チュニャン)の愛と貞節を賛える「春香祭(チュニャンジェ)」は、1931年から現在まで韓国の長年の伝統を誇っています。最近では文化体育観光部選定の地域代表芸術祭に選ばれるなど春香祭はもはや大韓民国の代表芸術祭としての位置を確立しました。
毎年5月になると春香祭が開かれる広寒楼苑(クァンハンルウォン)一帯には、伝統的な美と才能を兼ね備えた美人を選抜する「春香選抜大会」をはじめとする各種公演や行事、体験、イベントに訪れる観光客でいっぱいになります。 もし今、愛する恋人がいるならば、愛の都市・南原で開かれる春香祭に足を運んでみてください。

Festivals