바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道のビジネス

セマングムについての紹介

Home > 全羅北道のビジネス > セマングム > セマングムについての紹介

海を埋めて夢の新都市建設、
『新しい文明を開く都市 セマングム』ます

「セマングム」は、昔から沃土で有名な金堤(キムジェ)・萬頃(マンギョン)平野をさらに大きく新しく拡張し、「グローバル自由貿易中心地」として開発する大韓民国の国策事業です。

海を埋めて夢の新都市を建設するセマングムが、東北アジアの経済中心地として新しい可能性を提示します。
セマングムは大韓民国政府が直接開発して支援する国内唯一の地域で、 グローバル自由貿易中心地であり、新しい概念の無規制特区として育成していきます。
グローバル・ビジネスパートナー、機会と希望の土地「セマングム」が共にします。

新たな文明を切り開く都市 セマングム

金堤平野と萬頃平野を合わせて昔から金萬(クムマン)平野と呼ばれ、ここに新しい土地ができるということで、金萬(クムマン)を萬金(マングム)に変え、前に「セ(新しい)」という字を付けて「セマングム」という新造語が誕生するようになりました。
今やセマングムは、2020年までに世界経済自由都市であり東北アジア未来型新産業および観光レジャーのハブとして開発される予定です。
経済と産業、観光を調和させながら、緑色成長と清浄生態環境の新しい文明が誕生する「新しい萬金の土地」となっていきます。

「新しい萬金の土地」

セマングムの位置と面積

位置: 大韓民国の中西部海岸(全羅北道の扶安郡、金堤市、群山市)

Saemangeum Location

[東北アジアにおけるセマングムの位置]

Saemangeum Location

防潮堤の長さ: 33.9km (世界最長防潮堤としてギネスブックに登載)

防潮堤の長さ

面積 : 409㎢

面積

グローバル名称

Jilmajae Baekri-gil

Ariul(アリウルの意味) : アリ(水を意味する韓国語)+ウル(境界あるいは基盤を意味する韓国語)
- アリウルという単語は水の都市を意味し、水の都市は地理的特性を反映して伝統的価値と現代的価値を結びつける共生と収斂を追求します。アリウルというグローバル名称は、外国人に発音しやすく、セマングムの独特性を示唆しやすく造語されました。