바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道のビジネス

セマングムの立地条件

Home > 全羅北道のビジネス > セマングム > セマングムの立地条件

『中国、日本、ロシアなど巨大市場と隣接』

世界に出ていく関門であり、経済領土拡張の前進基地セマングム
  • 半径1,200km以内に7億人居住
  • 1日のビジネス可能人口が20億人
  • 飛行距離2時間以内の人口100万人以上の都市が52ヶ所
グローバル都市として伸び上がる、セマングム国際空港建設
  • セマングム地区のグローバル・アクセシビリティの向上
  • 国土部「第5次空港開発中長期総合計画」事前に妥当性を調査し進行
「広域道路網」構築を通じて首都圏と3時間台で連結
  • ソウルから2.5時間内でセマングムに接近可能
  • 西海岸(ソヘアン)高速道路・西金堤ICとセマングム~全州間で高速道路利用 セマングム広域道路網を構築
  • '20年、セマングム~全州間の高速道路開通  セマングム内部幹線道路網を構築
  • '20年、東西2軸・南北2軸が完工予定

『中国、日本、ロシアなど巨大市場と隣接』

『韓国の主要経済拠点と3時間以内の距離』

「鉄道網」構築を通じて首都圏と1時間台の生活圏形成
  • 首都圏と1時間台の生活圏を構築
  • ソウルから益山まで55分(KTX)
  • 益山からセマングムまで35分所要
    セマングム(新港湾)~群山(大野)間に複線電鉄設置(45km)
  • セマングム新港湾 物動量処理

韓国の主要経済拠点と3時間以内の距離