바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道のビジネス

土地利用計画

Home > 全羅北道のビジネス > セマングム > 土地利用計画

一般的土地使用計画

セマングム湖沼水面部を除いた総開発面積は291㎢であり、産業・研究用地41.7㎢、国際協力用地52.0㎢、観光・レジャー用地36.8㎢、農生命用地94.3㎢、環境・生態用地42.0㎢、背後都市およびその他施設24.2㎢などで構成されています。

セマングム観光レジャー用地 1地区

人間と自然、環境と文化が調和する体験・滞留型観光・レジャー空間
  • 9.9㎢の規模でセマングム1号防潮堤の東側に位置
  • 大規模複合リゾート、海洋テーマパーク、スポーツ施設、ショッピング、文化施設が融合した国際観光ハブを造成
  • ゴルフ場、クラブスポーツテーマパーク、タウンハウス、研修団地、コンドミニアム、観光ホテル、航空レジャー団地を導入

セマングム観光レジャー用地 1地区

セマングム観光レジャー用地 2地区

多様な国際観光客の需要に対応できる多数の大規模複合リゾートを集積
  • 21.7㎢規模でセマングム観光レジャー用地1地区の側面に位置
  • 水路を活用した休養住居機能の導入により水路型観光都市を造成
  • バイオ・メディR&Dセンター、海洋レジャークラスター、ホテル&コンベンション、アクアパーク、プレミアム・アウトレットなどを導入
  • 収益が最大化されるように投資家中心のアイディアを反映し、新しい創造空間を造成

セマングム観光レジャー用地 2地区

観光・レジャー産業の前進基地「ゲートウェイ」

セマングム観光レジャー用地 先導事業地域「ゲートウェイ」
  • 1.0㎢(33万坪)規模でセマングム1号防潮堤の東側に位置
    現在、埋め立て完了、造成工事推進予定
  • 全羅北道の地方公企業である全北開発公社で土地造成中
    国内・外の観光客誘致に有利
  • ギネスブックに登載された世界最長セマングム防潮堤の始点地域
  • 辺山(ビョンサン)半島国立公園など天恵の観光資源が隣接
    大規模観光・レジャー団地(31.6㎢)の連係開発でシナジー効果を最大化

観光・レジャー産業の前進基地「ゲートウェイ」

古群山群島(コグンサングンド)地区

63個の島で成り立った天恵の秘境「古群山群島」
  • セマングム中央海上に巫女島(ムニョド)、仙遊島(ソニュド)、新侍島(シンシド)などが位置
    • すべての島の砂浜が美しくてきれいで海水浴が可能
    • 海釣り、スキン・スキューバなど海洋レジャー活動が活発 多様で豊富な観光資源
    • 崔致遠(チェ・チウォン)先生が絶景に魅せられ、とどまって暮した島・新侍島と 文を読む声が中国まで聞こえたという月影山(ウォリョンサン)
    • 明沙十里(ミョンサシムニ)海水浴場、仙遊(ソニュ)の夕焼け、望主瀑布(マンジュポッポ)など
古群山連結道路の開通により、優れたアクセシビリティを確保
  • すべての島が一つに連結され、移動しやすい
    • セマングムと古群山群島を連結する総延長8.8Km 古群山連結道路の建設
    • 新侍島-巫女島(4.4Km) '16年6月完工
    • 巫女島-壮子島(ジャンジャド)(4.4Km) '17年完工予定

古群山群島(コグンサングンド)地区

セマングム 農生命用地

先端農業技術とR&D育成をもとに新しい農村都市を建設
  • 農生命用地の紹介
    • 面積: 94.3㎢(農業用地89.7㎢、農村都市用地4.6㎢)
    • 開発方向: 農漁業輸出型先端複合農産業のハブとして発展
    • 開発戦略: 多様な機能の複合化を通じて韓国を代表する農業クラスターとして育成 導入機能
    • 親環境で高品質な先端農産業
    • 園芸団地、大規模農漁業会社法人など輸出前進基地
    • R&Dおよび農業サービスの支援
    • 農業生態観光の基盤を構築

セマングム 農生命用地」

セマングム国際協力用地

国際的水準の協力サービスを提供し、グローバル・ビジネスの便宜性と多様性を追求
国家主導の共同開発を通じ、世界の多様な企業と文化が共存する名品複合都市
  • 国際協力用地の紹介
    • 面積: 52㎢
    • 開発方向: 多国家・多文化を結合したグローバル特化タウンの造成
    • 開発戦略: 国家間の協力を通じた経済協力特区の開発 導入機能
    • FTAネットワークとMade in Koreaブランドを活用した製造業
    • 知識産業および高付加価値産業
    • グローバル企業本社、国際機構など

セマングム国際協力用地