바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道のビジネス

セマングム観光

Home > 全羅北道のビジネス > セマングム > セマングム観光

セマングム防潮堤-海を横切る巨大な防潮堤

世界で最長の防潮堤であるセマングム防潮堤は、新しい観光アイテムとして知られており、ここでは様々な娯楽や海洋リゾート、生態学が共存します。ヘノミ休憩所は板屋船の形態をなしており、韓国で最大の排水閘門である新侍排水防潮門は10個の水門を保有しているだけでなく、可力排水閘門のフォトゾーンや美しい夕暮れなどは最高の名所となっています。
このような防潮堤は古群山群島と33センターから扶安の辺山半島まで続いており、旅行する際には車で40分所要されます。新侍島埠頭から古群山群島まで防潮堤に沿って成される船舶遊覧は、古群山山岳地帯と古群山群島の8つの相異なった島々で構成される荘厳な景色を提供しており、このような島々には仙遊島、巫女島、壮子島などが含まれています。

セマングム広報館

Saemangeum PR Center

セマングム広報館では、セマングムの過去、現在、未来のすべてを同時に見ることができます。広報館は扶安まで続くセマングム防潮堤の入口に位置しており、セマングム干拓事業の歴史と過程、そしてセマングムのビジョンを提示しています。セマングム地区の模型、防潮堤の横断面のダイヤグラム、閘門の模型とパネル、セマングム関連ビデオが上映されています。午前9時から午後5時まで無料で訪問することができます。
http://www.isaemangeum.co.kr

海上にあるセマングムの常設公演場-アリウル芸術倉庫

Ariul Arts Storage

アリウル芸術倉庫は、季節別テーマショーを通じてセマングムに興奮を提供しています。
そのうちの一つである「アリウル・ストーリー」という公演は、全北を代表するセマングムの神話や地域的ストーリーを活用して製作され、奮い立つ演奏と躍動的なライブパフォーマンスを思いきり楽しむことができます。美しいフュージョン国楽、最新映像技法まで多彩に繰り広げられるセマングムの神話!セマングム防潮堤の真ん中に位置したセマングム常設公演会場で、これまで知らなかった驚くべき物語が繰り広げられます。

新侍排水閘門&可力排水閘門

新侍排水閘門は韓国最大の排水閘門で、巨大な形態を誇っています。両側に合計36個の閘門があり、1個あたりの重さは484トンで非常に大きく、閘門を開く時には約45分ほどがかり、船は閘門の横にある通船門を通過することができます。可力排水閘門のフォトゾーンと素晴らしい夕暮れは、セマングムで最も有名な2つの名所となっています。

33センター

33 center

33センターは、排水閘門に隣接したセマングム防潮堤の長さから取って命名されたもので、建物の高さは33mです。古群山群島と扶安-金堤-群山方向などの景色を展望台で鑑賞することができます。

新侍島(シンシド)

Sinsido

新侍島は古群山群島で最も大きい島で、セマングム防潮堤の中心に位置しています。新羅の頃、崔致遠(チェ・チウォン)が壇を積んで文を読むと、その声が中国まで聞こえたという物語が伝えられています。

飛鷹港(ビウンハン)

Bieunghang(Bieung port)

飛鷹港から日の出と日没を見ることができます。飛鷹港は古群山群島を出入りする遊覧船に乗船する場所であり、水産市場があって新鮮な海産物を味わうことができます。