바로가기 메뉴
Content 바로가기

全羅北道のビジネス

主要産業

Home > 全羅北道のビジネス > 全羅北道の産業 > 主要産業

大韓民国の未来, 全羅北道の産業
100年の食を担う

全羅北道の無限の可能性と潜在的な成長力に国内だけでなく世界の企業も注目しています。
現代重工業、斗山インフラコア、 OCI、 暁星、 ILJINなど国内の大企業をはじめ、中国や日本の企業も全羅北道の未来の価値に注目して基盤を準備しており、三星を含めた世界を先導するグローバル企業が続々と投資を約束しています。自動車 · 造船産業に引き続き新再生エネルギー産業, 炭素産業, 食品産業など全羅北道の成長エンジン産業は、全羅北道はもちろん大韓民国の100年の未来を担うことでしょう。

全羅北道を導く主な成長エンジン産業
自動車・造船産業

自動車・造船産業

全羅北道はバスやトラック、国内商用車生産の中心地であり、国内商用車の中で、90%が全羅北道で生産され、全羅北道の輸出量に占める比重も高くなっています。また、以前から韓国海洋産業への投資を続けてきた結果、世界1位の韓国企業である現代重工業の群山造船所誘致に成功し、関連企業とR&D機関の集積化で“未来型親環境朝鮮海洋産業のグローバルメッカ”として生まれかわるための基盤を整えました。

国内商用車生産の中心地-自動車産業

自動車部品企業や特装車企業などが集積化され、バスやトラックなど国内商用車生産の拠点地域として急浮上しています。2011年には「輸出型未来グリーン商用車部品開発事業」が予備妥当性調査を通過し、全羅北道が名実共に国内商用車産業の中心としての位置を占めることとなりました。

未来型親環境造船海洋産業のメッカ-造船産業

造船業界世界1位の企業である現代重工業の群山(グンサン)造船所が2008年に起工し、本格的な生産に突入するのに伴い、60社余りの造船機資材業者が全羅北道へとに進出し、造船海洋産業の集積化が成り立ちました。その後、全羅北道は2011年に韓国造船海洋機資材研究院・全北分院を誘致、2012年「グリーンシップ機資材試験・認証センター」の誘致等でセマングム造船海洋クラスター造成のために着実に前進しており、「未来型グリーン造船海洋産業のグローバルメッカ」として生まれ変わるための基盤を整えています。

大韓民国未来を責任を負う新成長エンジン産業
新再生エネルギー・炭素・食品産業

全羅北道は、2004年から世界的に急成長している新再生エネルギー産業を戦略産業に採択し、新再生エネルギー関連のR&D機関の誘致や、付加価置が高い太陽熱と風力クラスター、水素燃料電池部品素材産業の特化・育成をすすめ、国内唯一の国家食品クラスターと炭素バレー造成などで全羅北道は北東アジア経済の中心地として生まれかわる計画です。

大韓民国を導く新しい動力-新再生エネルギー産業

全羅北道の新再生エネルギー産業は大きく扶安(ブアン)新再生エネルギー団地と群山(グンサン)-益山(イクサン)-完州(ワンジュ)をつなぐグローバル・ソーラーベルト、セマングム風力産業クラスター、セマングム内の新再生エネルギー用地の開発事業など4つに分けられ。

グローバル炭素産業の前哨基地-炭素産業

全羅北道は全国唯一のカーボン繊維生産施設を保有しており、全州機械炭素技術院、KIST全北分院の誘致などで炭素素材産業のR&D基盤を設けています。特に国内初の引張強度T-700級の中性能炭素繊維開発に成功した暁星(ヒョソン)の全州工場が2013年に完工し、本格的な生産に突入するようになると、全羅北道が炭素産業のトップとなることはもちろん、グローバル炭素素材強国を実現する前哨基地となることが予想されます。

東北アジア食品産業の中心地-国家食品クラスター

アジア・太平洋を合わせた東北アジア唯一の国家食品クラスターが全羅北道益山市(イクサンシ)に造成されています。食品に対する研究と開発、そして生産、流通、加工、輸出を合わせた国家食品クラスターは72万坪規模で造成され、145社の食品企業と10ヶ所の研究機関が入居する予定となっており、これをベースに国家食品クラスターは東北アジア食品産業の中心地、世界の食品市場に進出の足がかりとなることでしょう。

投資誘致関連のお問い合わせ

  • 全羅北道 投資誘致課 : ☎ +82-63-280-3267